株式会社第一ソウビ

大阪、京都、神戸を中心とする株式会社第一ソウビは、高層ビル、高層マンションの窓ガラス清掃や外壁の清掃など高所での清掃作業が得意な会社です。
また、皆様の住まいを守り、美しい建物を長く維持していけるようメンテナンスにも力を入れております。

お見積り、お問い合わせはこちらから

第一ソウビ コラム

窓ガラス清掃に多い汚れについて

ビルやマンションなどの高所の窓ガラスは、一般家庭のように簡単に清掃することができません。そのため清掃業者に依頼して、定期的に窓ガラス清掃を行う必要があります。ここで窓ガラス清掃に多い汚れについて、ご紹介いたします。

外側のガラスに多い汚れ

高所の外側の窓ガラスで多いのが「ヤケ」と「ウロコ」です。ヤケは日に焼けたように虹色になったり、白く曇ったような状態になったりすることです。板ガラス表面に水滴が長期間付着すると、ガラス内部に拡散して化学反応を起こしアルカリ液になります。さらに大気中のガスなどと結びついて、ガラスの主成分構造に影響を与えるのです。
ウロコは魚のうろこやリングのような状態になる汚れのことです。大気中のチリやホコリ、金属酸化物や無機塩類などがガラスに付着し、そのまま固まってしまう状態になるのです。ヤケやウロコは、定期的に窓ガラス清掃を行えば落とせる汚れですが、時間の経過と共に落ちにくくなります。鳥の糞や火山灰などは、シミやキズなどの原因に繋がります。

内側に良くつく汚れ

内側の窓ガラスに良くつく汚れとして、手垢や油汚れなど酸性の汚れとホコリ、喫煙室のヤニ汚れ、環境によってはサッシ部分に雑菌やカビなどが繁殖することも多いです。窓についたホコリ・細菌は、カゼや花粉症などの原因に繋がることもあります。屋内でも高所の窓ガラス清掃が難しいときは、第一ソウビにご相談下さい。

汚れがつきにくいコーティング

窓ガラスがヤケやウロコの状態になると、研磨や交換が必要になります。しかし、定期的な窓ガラス清掃とコーティングを組み合わせることで、窓ガラスを長持ちさせることは可能です。汚れを付着しにくくさせるコーティングは、第一ソウビにてご要望に応じて行っています。窓ガラスのメンテナンス費用料金の節約になりますので、お気軽にご相談下さい。

第一ソウビは大阪・神戸・京都で、主に高所の窓ガラス清掃を行っている清掃会社です。高層マンションの窓ガラス清掃や、屋内にある複雑な窓ガラス清掃もお任せ下さい。コーティング作業のご提案もいたしますので、ぜひご活用下さい。

このページのトップに戻る