株式会社第一ソウビ

大阪、京都、神戸を中心とする株式会社第一ソウビは、高層ビル、高層マンションの窓ガラス清掃や外壁の清掃など高所での清掃作業が得意な会社です。
また、皆様の住まいを守り、美しい建物を長く維持していけるようメンテナンスにも力を入れております。

お見積り、お問い合わせはこちらから

第一ソウビ コラム

様々なビル外壁の種類

外壁清掃は美観を回復、維持させるだけではなく、耐久性維持という点でも大変重要な役割があります。外壁清掃を定期的に行うことは、定期的なメンテナンスにもなり、トータルコスト削減につながるでしょう。ここではそんな外壁の種類と特徴を紹介します。

金属材

金属材は、伸縮性や加工性、意匠性に優れているという特徴から、様々なところで使用されています。まさに近代建築物には欠かせない外壁建材といえるでしょう。しかし、石材やタイル材、ガラス材に比べ、劣化や損傷もしやすく、多くの場合表面加工してあることが多いです。外装材で使われる金属材として、アルミニウムやステンレス、銅や鉄が代表的です。


アルミニウムは、鉄に比べ軽量で加工性、伸縮性が良く、窓ガラスのサッシやパネルなどに用いられます。しかし素地では耐光性が乏しいことから、表面に特殊加工されているものがほとんどです。ステンレスは、鉄にニッケルやクロムを加えた合金銅になります。耐久性や耐熱性を向上さるため、含有量を変化させ改良したものもあります。ほこりや煤煙などがステンレスの表面に付着したまま放置すると、さびを発生させる原因になるので注意が必要です。定期的な清掃をすることで防ぐことができるでしょう。

石材

石材は長い年月が経つと自然界の圧力や熱の影響を受け、無機物や有機物が変化してできたものです。石材が他の外装材と異なるのは、石材が多種の鉱物で組成されているため、同じ色彩を持つものがないということです。外壁材に用いられる石材として大理石、石灰岩、砂岩、花崗岩などが挙げられます。


石材は白色の固有物が付着する白華現象(エフロレッセンス)や、シーリングの油分(可塑剤)が細孔に付着するシーリング汚染などの問題が発生しやすく、定期的な外壁清掃やビル清掃が必要になります。

タイル材

タイル材は、外装材の中でも外壁洗浄として扱うことが最も多いといえるでしょう。一般的なタイル材は、陶器質タイル、磁器質タイル、石器質タイルです。その中でも磁器質タイルは、外壁材として使用されることが多く、その表面処理方法で無釉タイルと施釉タイルに分類されます。またさらに施釉タイルはガラス質系の釉薬と酸化金属系の釉薬に分かれます。


酸化金属系の釉はラスタータイルと呼ばれ、メタリックな光沢があり、外装材としてよく使用されます。しかし、金属系の釉薬は耐候性に乏しく、汚れが目立ちやすいので、洗浄時に表面を損傷させないよう、細い注意が必要な外装材でもあります。


建物の外壁は、外観に大きな影響を及ぼします。定期的にメンテナンスをして、いつでもより良い状態を保ちませんか。

第一ソウビは神戸・京都・大阪を中心に、ビルやマンションなどの高層ビル清掃を行っています。
高所のビル清掃業務を得意とし、建物の美観を維持するメンテナンスにも力を入れています。ビル清掃の内容や料金に関するお問い合わせは、お気軽にご相談下さい。

このページのトップに戻る